お肌のトラブル|鹿児島県姶良市の皮膚科

ひふ科形成外科西クリニック

診療時間
 9:00~12:30
15:00~18:00
休診日
日曜・祝日
水曜・土曜午後

0995672412

インターネット予約はこちら

お肌のトラブル

お肌のトラブルについて

image

シミ、そばかす、赤ら顔、ニキビ、シワ、肌のハリ、肌質改善、毛穴ひきしめなど美肌治療。
ムダ毛の医療脱毛。清潔、保湿、紫外線対策などスキンケア相談。など、あなたのお悩みにお答えします。

しみ、しわ、たるみ

image

「しみ」にはいくつか種類があり、それぞれ治療法が異なります。
まずは専門医の診断を受けしみの種類を見極めることが大切です。
それぞれのしみに応じて内服療法、外用療法、レーザー治療、光+RF治療、導入療法(イオン導入、エレクトロポレーション)などが選択されます。
「しわ」、「たるみ」には光+RF治療、導入療法(イオン導入、エレクトロポレーション)などが選択されます。
予防として紫外線、摩擦を避ける、保湿などのスキンケアも重要です。
当院では、皮膚科専門医が診察し、専門のメディカルエステティシャンが親身になってサポートします。

乾燥肌(ドライスキン)

image

皮膚の乾燥はあらゆる皮膚トラブルの元です。
それは、皮膚が乾燥するとひび割れたカサカサ状態になり、バリアー機能が低下し、刺激に対して弱くなるからです。
ドライスキンの原因としては
①体質(アトピー性皮膚炎)
②加齢(老人性乾皮症)
③水仕事(手あれ、アカギレ)
などがあります。

皮膚は水に濡れた後、乾く際に濡れる前よりもさらに乾燥するのです。水よりもお湯が乾燥し、洗浄剤を使っているともっともっと乾燥します。ですので、それらの悪化因子をできるだけ避ける工夫が必要になります。
まとめ洗いをする、手袋をする、などですが、手袋のゴムもかぶれやすい成分の1つですので、薄い木綿の手袋を先にしてからゴム手袋をするなどの工夫も必要です。さらに、積極的な保湿剤の使用が重要です。
保湿剤は1日に何回でも大量に使っても構いません。溺れるくらい保湿をしましょう。

ニキビ肌

image

ニキビのスキンケアとしては洗顔が重要(微温湯または冷たくない水で1日2回が適当)ですが、皮膚の乾燥も毛穴をつまらせニキビを悪化させますし、紫外線も皮脂を酸化させることで毛穴を刺激しつまらせます。
ニキビにおいても洗顔だけでなく保湿、紫外線対策も忘れずに行いましょう。

ムダ毛

image

永久脱毛を法的に認められているのは医療機関だけです。
永久脱毛を求められる方は是非、医療機関をお選び下さい。医療脱毛をお薦めします。

当院ではレーザー+RF、光+RFを照射する脱毛機を用いて施術いたします。肌トラブルのない方はもちろんですが、毛剃りなどムダ毛処理で肌トラブルを起こしやすい方、男性の方もご利用いただけます。
安心、安全、確実な医療脱毛を是非お試しください。

薄毛

image

薄毛も今や内服療法(男性のみ)で治療できる時代になりました。
気になる方は、お気軽にご相談ください。 当院では、男性型脱毛症(AGA)に内服薬フィナステリド(プロペシア)を処方しています。

睫毛(まつ毛)貧毛症

image

自分のまつ毛が不足している、短い、細い、薄いと感じたら「まつ毛貧毛症(睫毛(しょうもう)貧毛症)」かもしれません。
まつ毛貧毛症(睫毛(しょうもう)貧毛症)は医療機関で治療できます。当院にご相談ください。

スキンケア

image

スキンケアの基本は①皮膚の清潔 ②保湿 ③紫外線対策です。

①皮膚の清潔

洗浄剤を用いて洗いますが、その際はよく泡立てて皮膚をこすらないように泡で洗います。
※摩擦
摩擦も皮膚トラブルの元です。皮膚を摩擦すると乾燥します。また、色素沈着も起こします。毛細血管も拡張し赤ら顔の原因にもなります。皮膚はこすらないことが重要です。

②保湿

前述(乾燥肌:ドライスキンの項)のように皮膚の乾燥はあらゆる皮膚トラブルの元です。皮膚は濡れた後乾燥する際に約20分以上経つと元の状態よりももっと乾燥します。皮膚が濡れたらすぐに(できれば3分以内に)保湿をしましょう。

③紫外線対策

皮膚の老化のほとんどは紫外線によるもの(光老化)です。しみ、しわ、たるみの原因です。18歳までに一生に浴びる紫外線の半分は浴びると言われていますので、子供のころからの紫外線対策が重要です。だからと言って18歳以上の方はもう手遅れという訳ではありません。紫外線対策を始めれば、それ以降の老化の進行を抑えることはできるのです。今まで、気にしていなかった方も早速、取り組みましょう。

ページトップへ戻る